万引き家族 動画

是枝裕和監督作品。2018年公開の映画「万引き家族」動画フルを無料視聴できる動画配信サービスを紹介。カンヌ国際映画祭で日本人が21年ぶりに最高賞のパルム・ドールを受賞した作品
Dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラTV)で無料視聴が可能な動画はあるかについても調べてみました

万引き家族 動画フル

以下のオンデマンドサービスにて配信が始まると

映画「万引き家族」動画フルを無料視聴することができます。

本ページの情報は2019年3月時点のものです。
最新の情報は各オンデマンドサービスのサイトにてご確認ください。

TSUTAYA TV

映画「万引き家族」フル無料

映画「万引き家族」フル無料

  • 無料お試し登録で初月30日間の月額料金が無料
  • 登録と同時に特典で自動付与される1,080Pで、好きな動画を2~3本無料視聴できる
  • 映画「万引き家族」フル動画も貰ったポイントで無料視聴できます(4/3配信開始予定)
  • 動画見放題対象作品約10,000タイトルの中から動画が見放題
  • アダルト動画の視聴も可能

 

U-NEXT(ユーネクスト)

映画「万引き家族」フル無料

映画「万引き家族」フル無料

  • 無料お試し登録で31日間、月額料金が無料(お試し期間中の解約で月額料金は発生しません)
  • 無料登録特典で自動付与されるポイント有料動画の視聴に利用できます
  • 見放題作品9万本以上を31日間無料視聴できます
  • 映画「万引き家族」動画を自動付与されるポイント使って無料視聴できます(4/3配信開始予定)
  • 14万本以上の動画を配信。(見放題作品 9万本、レンタル作品 5万本を配信【2019年1月11日時点】)
  • アダルト動画や成人用漫画も配信中(見放題作品あり)

 

music.jp

映画「万引き家族」フル無料

映画「万引き家族」フル無料

  • お試し登録で初月の月額料金が無料
  • 無料登録特典で動画視聴に使える1,500Pと漫画や音楽に利用できる961P、合計2,461ポイントが自動付与されます
  • 貰ったポイントで映画「万引き家族」フル動画も無料視聴できます(4/3配信開始予定)
  • 18万本以上の動画を配信中。漫画も読める、音楽も聞ける
  • お試し登録の決済画面で「月額1,922円(税込)」と表示されますが、初月に課金されることはありません

 

auビデオパス

映画「万引き家族」フル無料

映画「万引き家族」フル無料

  • お試し登録で30日間、月額料金が無料
  • 映画「万引き家族」4/3動画配信予定
  • 無料会員登録で自動的に付与される540コインは有料画の視聴に利用できます
  • お試し期間終了後は月額562円(税抜)で、人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本見放題
  • 毎月もらえるビデオコインで新作レンタルが可能

 

万引き家族 動画 Dailymotion

映画「万引き家族」のフル動画をデイリーモーション(Dailymotion)やpandora(パンドラTV)などの、海外系動画サイトで検索してみました。

結果、映画「万引き家族」フル動画はアップされているところはなく、アップされたとしても違法にアップロードされた違法動画であれば即削除されるので、Dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラTV)などで映画「万引き家族」動画フルをを視聴することは難しいと思います。

【調べてみた動画共有サイト】

  • YouTube
  • bilibili
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • pandora(パンドラTV)
  • 9tsu
  • acfun
  • FC2動画

上記を検索しても見つからなかったのですが、オンデマンドサービス(VOD)では、2019年4月3日より動画配信がスタートする予定ですので、配信開始後お試し登録するだけで貰えるポイントで、映画「万引き家族」動画フルを無料視聴できます。

万引き家族 映画 キャスト

柴田治(リリー・フランキー)
柴田信代(安藤サクラ)
柴田亜紀(松岡茉優)
柴田祥太(城桧吏)
ゆり(佐々木みゆ)
柴田初枝(樹木希林)
4番さん(池松壮亮)
柴田譲(緒形直人)
柴田葉子(森口瑤子)
柴田さやか(蒔田彩珠)

監督・脚本・編集 是枝裕和
製作 石原隆、依田巽、中江康人

万引き家族 映画 感想

カンヌ国際映画祭で日本人が21年ぶりに最高賞であるパルム・ドールを受賞した映画「万引き家族」。

是枝裕和監督がメガホンを取った作品で、実際にあったと親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていた事件を元に構想されています。

万引きをキーワードに集まった6人の“家族”。一見、楽しそうな家族に見えるますが、その実態は日本の「闇」そのものです。

万引き、年金の不正受給、虐待、拉致、貧困。どの家庭でも起こり得る問題がリアルに描かれています。

万引きは生きるためなのか。戸籍とは何なのか。本当の親子とは何なのか。犯罪はどのようにして起こるのか。

家族団らんに常に付きまとう不穏な出来事。あるキッカケから、家族はその形を崩しはじめます。

安藤サクラ演じる母親の切ない告白には胸が打たれました。

昨年、惜しまれつつこの世を去られた樹木希林さんの祖母としての演技にも注目です。

見終わった後は、平穏な家族にこそ裏があるのではと思わず疑ってしまいます。本当の家族とは何なのか、たくさんの疑問が残る映画かもしれません。

その疑問こそが「万引き家族」が描き出した日本の見えない「闇」です。私たちはこの「闇」をどう切り開くのか、今の日本が問われています。

万引き家族 映画 あらすじ

治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。